世界一周中行ってよかった国・お酒って最高!大陸別に紹介編

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさまこんにちは、ヤムです!

今日も無国籍チャンネルへお越しいただきありがとうございます\(^o^)/

今日は「世界一周中に行ってよかった国シリーズ」のお酒って最高!編をお届けします。

それでは、どうぞ!

スポンサーリンク




アジアはビール!

アジアはもともとお酒をあまり飲む習慣がない国があったりと、そこまでお酒に出会う頻度も高くないです。

ただ東南アジアともなると暑くて暑くて喉が乾きますよね!

そんな時はやっぱりビールです\(^o^)/

有名どころは日本でもよく見かけるシンハー(タイ)やビンタン(インドネシア)!

タイの人はよくビールに氷を入れて飲むのですが、このシンハーは味が薄めというか、かなりあっさりしているので確かに氷を入れて飲んでも薄まった感じもせず(笑)

美味しさそのまま、冷たさをキープできます。

東南アジアではありませんが、青島ビールも台湾や香港でよく見かけますね

ちなみに紹興酒は意外と飲まないらしいです。

オーストラリアは是非ワイナリーツアーに!

オーストラリアはビールも美味しいですが、是非ワインを!

多くのワイナリーが存在し、ツアーがたくさん開催されています。

何軒かワイナリーをはしごして試飲させてもらった後、レストランでワイン飲みながら食事というワインづくしの内容です\(^o^)/

めちゃくちゃオススメ!

秋にはぶどう畑一面が黄色く染まってとても綺麗ですよ!

中米メキシコといえばテキーラ!キューバはラム!

メキシコ

メキシコで有名なお酒、テキーラ竜舌蘭から作られる独特の香りがするキッツイお酒ですが、熱い地域で作られたお酒だからか、ライムとの相性が良く飲み口が爽やかなので日本でも人気の高いお酒です。

竜舌蘭畑はなんか変な迫力がありますね(笑)

サンスベリアにちょっと似てるかな?

飲み方はそのままショットで!

日本ではグレナデンシロップとオレンジジュースで作るテキーラサンライズが有名です。

そしてメキシコでもう一つ有名なのが、これまた日本で大人気コロナビール!

これもライムを絞って飲むと美味しいです\(^o^)/

コロナ飲んでる横で、コロナ配送してました

キューバ

キューバ代表のお酒といえばラム!

サトウキビから作られる、甘みの強い深い香りが特徴のお酒です。

ヘミングウェイが好きだったことでも有名ですね。

ラムといえばモヒート。もちろんハバナクラブで作ってくれます。

キューバリブレやダイキリもラムベースの代表的なカクテルです。

南米チリ代表ピスコと全域に広がるワイン

チリ

ピスコ名探偵コナンにキャラクターの名前として登場しているので、聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

ぶどうから造られる、甘い香りのブランデーに近いお酒なのですが、樽醸造しないものが一般的なので色がブランデーと違い無色透明なのが特徴です(樽醸造したものも高級品として存在します)

ロックでもいけますが、有名どころは「ピスコサワー」卵白とライムとガムシロを入れて作るカクテルで、めちゃくちゃ飲みやすいけど酔います(笑)

ペルー&アルゼンチン

また、チリやアルゼンチン、ペルーはワインづくりが有名です。

日本でもチリワインやアルゼンチンワインは、お手頃で美味しいので良く購入する人もきっとおおいはず。

アルゼンチンのメンドーサという地域でも、オーストラリア同様ワイナリーツアーが行われています。

ただオーストラリアのツアーはバスですが、アルゼンチンは自転車と地図を渡されるので、そこから自分たちで目的地まで行きます(笑)

天気のいい日はめっちゃきもちいですよ!

南米最南端の町、ウシュアイアで売られている フィンデルムンド”世界の果て”という名前のワイン。味は普通(笑)

ヨーロッパはワインとビール!

スペインといえばバル。そこで飲まれているのはやはりワイン!(ビール等も結構いますが)

「水よりワインの方が安い」なんてセリフよく聞きますが、なるほど確かにそうかもというくらい安い!しかも豊富!

上の写真は昔お酒が禁止されていた時代に、こっそり中が見えない入れ物にワインを入れて振舞っていたという当時のスタイルを再現したレストランにて。

ワインとオレンジが有名ならつくらないはずがない!サングリアも美味しい!

また、ポルトガルではポートワインの種類が豊富でした^^

日本では赤玉くらいしかしらない(笑)

そして

北欧ノルウェーでも

東欧アルバニアでも

ドイツでも

ギリシャでも

みんなとにかくビールが大好き!!\(^o^)/

写真がないだけで、もちろんビール消費量ナンバーワンの国チェコや、オランダでもビールいただきましたよ♪

イエロードンキービールだけ、地ビールらしくちょっとお高めで売られている場所は少ないみたいですが、他はスーパーやレストランで気軽に飲める銘柄ばかりで、食事に合わせやすいものばかりでした。

イスラム圏は基本お酒飲まない

イスラム圏では宗教上基本的にお酒は飲まないので、そもそも売られている場所がごくわずかです。

また、売る時も新聞紙に包んで中身は見えないようにしてくれます。

写真は左がエジプト、右はモロッコのビール。

あまり飲む人がいないので、種類は基本一択のみです。

暑い国ならではのあっさりとした飲み口でした。

番外編アメリカラスベガス

アメリカといえばバドワイザー!どこでも売られていて、日本でも人気のある銘柄なので、アメリカに行くとこれメインで飲む人は多そうですね。

ラスベガスではカジノで遊んでいるお客さんは基本的にお酒飲み放題ですΣ(・□・;)

フロアにカクテル持った女性がウロウロしているので、呼び止めて自分の飲みたいものを告げればOK!ただしチップ社会なのをお忘れなく。彼女たちはそれで稼いでます。ということで、実質は1杯1ドルくらいって感覚でしょうか。

さて、飲みたいお酒はありましたか?!

基本はどこもやっぱりビールとワインがメインですね。

ぜひいろんな地域に行って、いろんなお酒を楽しんで来てください\(^o^)/

それではまた次回!

無国籍チャンネルより、ヤムがお届けしました。

あわせて読みたい
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加