世界一周中に行ってよかった国・甘党必見スイーツ編!

みなさんこんにちは、ヤムです。

最近レビュー系の話が多かったので、今日は旅中に見つけた甘いものの話をしてみようかと思います\(^o^)/

私自身はそこまで甘党ではないのですが^^;旅疲れした時に食べる甘いものの味は格別です!

是非何かに疲れているあなたに読んでもらいたい、そんな記事です(笑)

では、スタート!

スポンサーリンク




オセアニア

HAWAII  Eggs'n Things  パンケーキ

まずはこれ!言わずと知れた有名スイーツ店「Eggs'n Things」のパンケーキ。日本にも何店舗かあるので食べたことある人多いんじゃないでしょうか。

私は日本では食べたことがないので味の差はよくわかりませんが、ハワイのこのパンケーキは見た目ほどのパンチ力はないので案外ぺろっといけてしまいます。生クリームがあまり甘くないからかな?

ただ肝心のお味ですが、ここまで並ぶならホットケーキ家で焼く方がいいかな…と思ってしまいました^^; ふわふわなんですけどね。

中米

MEXICO  そこらへんのお菓子屋さん 謎のゼリー

メキシコの街に結構どこでもあるアイスやゼリーを売っているお菓子屋さん。そこではこんな派手派手しいゼリーのようなものが売られています。

ものは試しで食べて見たところ、激甘のゼリーというより寒天に近いような食感のスイーツでした。

味は特に変わっているわけではなく、下の白い部分は牛乳寒天のようでむしろ懐かしい味でした。

GUATEMALA  パナハッチェルのカフェ チーズケーキ

グアテマラのパナハッチェルにあるクロスロードカフェのチーズケーキ。これ、かなり絶品です。

海外からの移住者の経営しているカフェなので、現地の味というわけではないですが、それ抜きにうまい!

甘いの苦手な人でも、ソースの程よい酸味が甘ったるさをうまく包んでくれるので美味しく食べられると思います。

コーヒーも美味しいですよ。

南米

PERU  チクラヨ銘菓 KINGKONG

ペルーのチクラヨ銘菓キンコン。キングコングと読みたくなりますが、キンコンです。ビスケットとカステラ足して二で割ったような生地の間にマンハールというミルクジャムが塗られているお菓子です。

写真はポケットサイズですが、実際は大きなホールケーキ状のものがメジャーで、ドライフルーツが挟み込まれていたりします。

味は、とにかく甘い!そして飲み物必須です(笑)

PERU  イカの街 Chocotejas

チョコティジャスと読むのだろうか?いや、チョコテハス?まぁ何れにしてもイカに行けばお店がいっぱいあるのですぐにわかるとおもいます。

名前から想像できる通りあまーいチョコレート菓子で、いろんな種類の味があります。ピーカンナッツ入りを食べたけど結構美味しかった記憶が。

サイズが小さいので、いくつか試してみてもいいかもですね。めっちゃ甘いけど。

ECUADOR どこかの街の路上 りんご飴

これはエクアドルのどの街か忘れちゃいました(笑)

ただりんご飴って結構いろんなところで売られているんです。

勝手に日本の縁日にしかないと思い込んでいたので、ついつい気になって写真をとてしまいました。

ARGENTINA  パタゴニア地方のスーパー マンハールミルフィーユ

ペルーでも登場したマンハール(ミルクジャム)ですが、実は南米中で見かけるものです。微妙に味の差や種類はあれど、基本激甘な生キャラメルに近い味わいのクリームです。

これが意外と食べていくうちにハマってくるのですが、そのミルクジャムを使ったスイーツの極みみたいなのがこのマンハールミルフィーユでした。

おそらくこれを食べた日は、他にカロリーを摂取してはいけないのではないかと思うほどの破壊力です。

アフリカ

MOROCCO  アズルーのとあるパン屋 ケーキとクロワッサン

みなさんモロッコにスイーツのイメージ、ましてやこんなケーキのイメージはなかなかないと思います。私もなかったです。歴史の勉強不足でした^^;

しかしこのモロッコスイーツ、クロワッサンは美味しいんですけど、ケーキは見た目こんなに色とりどりですが全部同じ味がしますΣ(・□・;)

なんと全部ミント味!何度か挑戦したのですが、ことごとくミント味だったのでケーキは諦めました(笑)

ヨーロッパ

CROATIA  ドブロブニクのカフェ プリン

 

クロアチアのドブロブニク名物といえばこのプリン!お店によって味が結構違うので食べ比べるのが面白いです。

このドブロブニク風プリンですが、とっても懐かしい味がします。卵たっぷりの生地にほろ苦いカラメルソース。日本人好みの味わいだと思うので是非ご賞味あれ。

私はかなり好きでした。

BELGIUM  ブリュッセルの路面店 ワッフル

ベルギーワッフルは二種類あって、日本で流行ったのはこの写真のタイプと同じリエージェ風。そしてもう一つはブリュッセル風と呼ばれるタイプで、エアリーな食感のワッフルです。

食べ応えがあるのはもちろん前者。好きなトッピングでいただきます。

ブリュッセル風はあんまりどっしりしたスイーツが好みじゃない人向きですね。

AUSTRIA  ウイーンのDEMEL  ザッハトルテ

ウイーンのザッハトルテ界で二強のうちの一つ、デメルのザッハトルテです。最近は日本でも手に入るようになりましたね(チョコレートばっかり売られてますが)

めちゃくちゃ甘いんですが、チョコが美味しいのでぺろっといけてしまいました。間に挟まれたあんずジャムがいい具合にアクセントになっています。うまい!

店は激混みですが、テイクアウトは比較的すぐ買えます。

PORTUGAL  リスボン パスティス デ ベレン  エッグタルト

ポルトガルのエッグタルトはこの店なしでは語れない!というほどの有名店パスティス デ ベレンのエッグタルトです。

タルト部分がかなりパリパリに焼き上がっているので、うまく食べないと周りが飛んだ生地だらけになります(笑)

クリームはこってりとした滑らかなカスタードで、手のひらにちょこんと乗るサイズですが食べ応えがあります。カスタード好きならぜひ!


いやー、写真見てるだけで口のなか甘くなってきますね(笑)

世界一周や旅してると、予想外の場所に予想外の食べ物が根付いていたりします。

それをその国の歴史と照らし合わせて考えると、新しい発見や面白さがあるので、これから旅をする方は是非そんな視点からも世界を見て見てください。

では、また次回!ヤムでした。

あわせて読みたい