世界一周中に使ったカメラ紹介と選ぶポイント【Nikon 1 V2】【OLYMPUS Tough TG-320, TG-4】比較写真あり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、ヤムです!

今日は旅中に使っていたカメラを紹介します。

これってどんなタイプ持っていくか結構悩むところですよね。

ちなみに私は「写真は撮るし、撮るなら綺麗に撮りたいけど、めちゃくちゃこだわるわけではない」ってタイプです。

その辺もちょっと頭に入れて、参考にしてください\(^o^)/

スポンサーリンク




カメラのタイプとカメラ好き度を考える

カメラと一口に言っても、タイプ様々です。

  • デジタル一眼レフカメラ
  • デジタルミラーレス一眼レフカメラ
  • デジタルコンパクトカメラ
  • フイルム式色々

旅中は長期間無数に写真を撮り続けるのでフイルムそんなに持ち運べません、なので皆さん基本は何かしらのデジタルカメラを選ばれると思います。

ではどんなタイプのデジカメを選ぶのか。

そのポイントは、”どこまで写真に対して力を入れたいのか”にあります。

結構綺麗なコンデジ

今時コンデジでも進化しまくって、かなり綺麗な写真が撮れる時代になりました。

実際それだけ持ち歩いて旅してる人はいくらでもいらっしゃいます。

ではコンデジのメリット・デメリットとは?

  • 小さくてカバンの隙間に収まる
  • とても軽い
  • 細かい手入れを必要としない
  • 付属品が少ない
  • 画質も結構綺麗

メリットから見てみましょう。

コンデジ、コンパクトデジタルカメラはその名の通り、小さが最大の魅力です。

女性の手のひらに収まるような小さなものまであり、持ち運びの苦労を感じさせません。

また手入れが必要ないわけではないですが、基本レンズの取り外し等を行ったりするわけではないのでそこまで細かく気にしなくても大丈夫です。

画質もかなり綺麗になっていて、フィルター機能など遊び要素が多く付いているものも多いですね。

ではデメリットは?

  • 表現力は一眼レフと歴然の差
  • 痒いところには手が届かない
  • よく盗まれた話を聞く

個人的な感想になりますが、やはり一眼レフで撮った写真とコンデジの写真を比べると、表現力の差を感じます。特に奥行きが全然違う。

どちらも仕上がりは綺麗なんですが、コンデジの方がのぺっとした写真に仕上がるんですよね。腕の差もあるかもしれませんが^^;

また、細かい設定を望むのであれば、コンデジは誰でも扱いやすくできているぶん痒いところにまでは手が届かないので避けるべきです。

そしてふと気づきましたが、デジカメを取られたという話は旅中よく聞きました。

みんなが旅で取られたものトップ5に入るんじゃないでしょうか。Σ(・□・;)

さすがのデジタル一眼レフ

世界一周中出会う景色なんて二度と見られるかわからない、なら少しでも綺麗に納得いく形で納めたい。

そんな想いから、一眼レフを持ち歩いている方は多いです。

ではこちらのメリットデメリットは?

  • 総重量が結構重い
  • 場所をかなりとる
  • 扱いが乱暴になるリスク
  • 高級品を持ち歩くリスク
  • 手入れが大変

こっちはデメリットの方から先に。

一眼を持ち歩く最大のデメリットは、重くてかさばること。

ただでさえバックパッカーは荷物が多いのに、一眼本体にレンズに三脚に…etc

これはかなりの総重量です。実際カメラ女子の旅人は大変そうでした。

そして埃っぽい場所では砂対策、ガタつく場所では振動対策と、神経を使う場面も多そうにしてた印象が強いです。

高級品だから壊れたり傷ついたらショックですしね^^;

ではそれを我慢してまで持っていくメリットは?

  • 写真の仕上がりはさすがの一眼レフ
  • みんなが撮れない写真を取れる
  • 写真好きの旅人と盛り上がれる

やっぱり何よりも写真の仕上がりです!

仲良くなった旅人どうしで写真交換をすると、一眼で撮ってくれた子の写真はすぐに見分けがつきます。臨場感というか躍動感というか、そういうものが表現されてるんですよね。

また、コンデジでは撮れないような星空の写真なんかを撮ってる姿を見ると、「あぁ一眼もいいなぁ」といった気分になります。

同じ写真好きの人と話も弾んでて楽しそうでした^^

上記2点を踏まえて

さて、今述べたコンデジと一眼のメリット・デメリットと、自分のカメラや写真に対しての思い入れを考えてみましょう。

と言っても、大きなポイントはこの2点だと思います。

  • 記念になる写真が欲しいのか、その景色を切り取りような写真が欲しいのか
  • それだけの荷物を運べる余裕があるのかどうなのか

自分がその場に行ったという記念を残すための写真なら、コンデジで十分満足できるものが撮影できると思います。コンパクトで出し入れも簡単なんで、どこでも気軽に撮影できますしね。

ただ自分が見た景色を切り取って、持って帰ってくるような写真が撮りたいのであれば、一眼がオススメです。

荷物を運ぶ覚悟は必要ですが、それだけ納得のいくものは取れるでしょう。

ミラーレス一眼という選択

コンデジか一眼かなんて、そんな極端な選択肢しかないの?

そう思われた方もいらっしゃいますよね。

安心してください、そんなことないです!

私は自分が写真撮るのがどのくらい好きかと自問自答した時に、私はそんなにこだわりが強くないという結論に至りました∑(゚Д゚)

ただ綺麗な写真は撮りたいし、あのファインダー覗く姿ってかっこいいよねと素人感丸出しの考えが捨てきれずにいたのですが(笑)

そんな時見つけたカメラがこの「ニコンV2」

ミラーレス一眼レフと呼ばれるジャンルに分類されるカメラです。当時キムタクが宣伝してましたね。

なんでこのミラーレス一眼という結論に早く至らなかったのか!

ミラーレス一眼カメラ(ミラーレスいちがんカメラ)とはデジタルカメラの分類のひとつで、一眼レフカメラの光学式ファインダーの代わりに電子ビューファインダーや液晶ディスプレイを通じて像を確認する形式のレンズ交換式デジタルカメラの総称である。

引用元:Wikipedia

ざっくりいうと、一眼レフの中に内蔵されているファインダー用の鏡が省かれ、コンパクトになったカメラです。

なのでミラーレス一眼にはファインダーが付いていないものがほとんどです。

しかしそれを除けば、

コンデジよりもっと綺麗で立体的な写真が撮れ、一眼よりコンパクト。

気軽に撮れるけど、景色を切り取るような写真もファインダー越しではないけれど撮れる。

もちろんレンズも付け替えられる。

これをどっちつかずと取るのか、いいとこ取りとするのかはあなた次第ですが(笑)

コンデジか一眼か迷ったら「間をとってミラーレス一眼」も選択としてありなのではないかと思います。

メインカメラ Nikon 1 V2 を使ってみて

安易な決め方で選んだV2ですが、結果このカメラとても良かったです。

肩から下げてても苦にならない重さだったので、気軽にパシャパシャ使ってました。

また、グリップ部分が非常に握りやすく、手の小さめな私でも安定して扱うことができたことも良かったです。

直感的な操作性とまではいきませんが、触ってるうちに調節も慣れてくるのでそれなりにこだわった写真も撮れます。

購入店の店員さん曰く、ニコンのカメラは構造上ちょっとだけ他より衝撃に強いそう。ほんとかわかりませんが、故障なかったんで今でも信じてます^^;

V2で撮った写真

これで撮った写真いくつか載せますね。

旅には必須な防水カメラ

サブカメラ OLYMPUS Tough TG-320

実は私、カメラ二台持っていってました。

こちらはオリンパスのおなじみToughシリーズのコンデジです(多分2012年発売)

防水、防塵、耐衝撃の揃ったたくましいやつです。

世界一周中は温度差や砂埃等での過酷な環境が続いたり、綺麗な海や川に遭遇したりとなかなか環境の変化が激しいです。

ミラーレスをそんな中に晒すわけにもいかず、かといってせっかくの絶景を収められないのは勿体無い。そんな時に役立ちまくってくれました。

主に水中の撮影に使用していました。

砂漠の砂埃でも大丈夫でしたよ。

2代目 OLYMPUS Tough TG-4

そんな役に立ちまくって、旅を共にしてきたサブカメラTG-320が旅が終わると共にダメになってしまいました…(;o;)

よく最後まで持ちこたえてくれたなぁと、感傷的な気持ちになります。

そんな先代の旅魂を引き継ぐ2代目がTG-4!同じタフシリーズの進化モデルです。

先代よりパワーアップしたポイントとして、画素数はもちろんですがWi-FiとGPS対応した点があります。

これで写真がどこで撮影されたかもGPS情報で記録されるようになり、Wi-Fiとつながることで携帯等別デバイスへの転送が楽チンになりました。

この先もバリバリ活躍してもらわないといけません。

比較するとTG-4画質も結構綺麗になってますね∑(゚Д゚)

小旅行だとこれ一台で十分です。助かる!


いかがでしょうか^^

一眼レフ持ってないのでその写真がないのは申し訳ないですが、少しでも参考になれば幸いです。

ちなみに写真加工は名前を入れる以外行ってません。

また、ミラーレスの持ち運びですが、カバーはゴツ過ぎるバックタイプのものだとかさばるので、バッテリー等は巾着にまとめ、カメラ本体はウレタン素材のソフトカバーをつけて持ち歩いていました。

Toughの方はタフなのでそのままカバンに直入れです(笑)

安心安全とはいきませんが、とりあえず1年の旅では問題なかったです^^;

いい写真たくさん撮ってくださいね!

それではまた次回!ヤムでした。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加