第10回 漫画の道具紹介【新型iPad×Apple Pencil×CLIP Studio for ipad】購入前の疑問Q&A!液タブ界に革命?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんこんにちは\(^o^)/

今日は先日紹介した2018年春モデルの新型iPadとApple Pencilのレビューに引き続きまして、iPad用アプリCLIP STUDIOをつかってみた感想です。

自分が買う前に知りたかったことをベースにひたすらQ&Aで答えてみたので、よかったらご参考になさってください^^

それではスタート!

スポンサーリンク




Apple Pencilの疑問

Q、スタイラスペンとしてどうなの

A、めっちゃいいです!

今まで安価なスタイラスペンしか使ったことなかったからかもしれませんが、想像以上に思った感じでかけます。

私は普段PC+ペンタブ(板)でイラストを描いていたのですが、細かい描写はこのiPad+Apple Pencilの方が圧倒的に描きやすいです。

もちろん筆圧対応ですよ。

Q、このペン疲れるって聞いたけど

A、私は結構この細さと重量感が好きなのですが、確かに細すぎるし硬いしずっと使ってたら疲れます。

握る部分に鉛筆用のグリップつけると丁度良くなるという意見を結構見かけたので、実践してみようと思ってます。

Q、充電すぐ切れない?

A、マメに充電しない方なのですが「切れたー!」となったことが今のところないので、持ちはいい方かな?

充電が残りわずかになれば、タブレットに「残量わずかです」と表示されるのですが、ペン本体もランプか何かで電池残量がわかるようになっていればもっといいのになーとは思います(^^;;

iPadの疑問

Q、容量大きくないとクリスタ使うの厳しい?

A、私は32GのiPadを選びましたが、特に問題ありません。

端末にバンバンイラストも写真も保存するタイプであれば大きい容量を買わないとパンクしますが、クラウドサービスやこまめなバックアップを取るタイプであれば大丈夫ではないでしょうか。

Q、iPad Proじゃないとメモリがキツイってきいたけど

私が1番気になったのはこのRAM問題です。

今回のiPadのメモリは2Gと言われており、イラスト制作するならと勧められるiPad Proの半分のサイズです。

メモリが小さいと、複数ページ管理して、レイヤーを重ねまくってと好き放題?やってるうちにカクツキが気になったり、アプリが落ちたりする可能性があると聞いていたのでどうかなーと思っていたのですが、販売店の店員さん曰く

iPadはメモリが2Gで足りなくなったらストレージから引っ張って余裕ができるようにできてる」とのことだったのでそれを信じてみることにしました(^^;;

Proと同じパフォーマンスになるわけでないのは重々承知ですが、どこまでこのiPadで漫画を書くかも不明瞭だったので、いきなりProを買う勇気が出なかったというのが本音です。

今のところ問題は感じておらず、アプリが落ちたこともありません。

どこまでやればカクツクかな?と実験的に、過去に制作した漫画を取り込んで、さらにそこから作業を進めてみましたが、気持ちレイヤーの切り替えとテキスト打った時の反応が遅いかな?程度で作業に支障が出るほどではありませんでした。

ただ私はアナログで行なっている部分も多いので、あくまで一つの目安としてお考え下さいm(__)m

Q、画面がフルラミネートじゃないからペン先がずれない?

A、これも結構気になってたのですが、意外と大丈夫です。

確かにiPad Proと比べると、iPadはペン先と画面の間に微妙な隙間があって違和感があるのですが、実際書いてみるとそこまで気にならないです。

もちろん隙間がないほうがいいけど、よっぽど精密描写する人じゃなかったらすぐに慣れるのではないかなと思います。

Q、書き心地がツルツルしてる?

A、隙間より画面のツルツルの方が私は気になりました。

紙みたいな柔らかさは持ち合わせてないので、Apple Pencilの先が滑る滑る!

どうしたもんかと思ったのですが、100均の保護シール貼ったら柔らかさがでたのか丁度良くなりました

個人的にはこの保護シートは安価なものを貼るのが正解な気がします。

というのも、ずーっと絵をガリガリ描いてると、うっすらApple Pencilのペン先跡が保護シートに残るからです。

頻繁に張り替えれるものにしておいた方が経済的です。

Q、9.7インチって小さくない?

A、小さいと言われれば小さいし、小さくないと言われれば小さくないって大きさです(笑)

ただ、作業を全てタブレットで行いたい!という人にはやっぱり小さいかな?

複数ページ管理してたらツールバーだけで上の写真みたいに画面の三分の一くらいは持ってかれるので、全体確認しようと思ったらかなり縮小しないと見えないし、結構手狭です。

イラスト描いたり、部分的にタブレットで作業したい人は9.7でもそんなに気にならないと思います。

アプリの疑問

Q、CLIP STUDIO for iPad とは?

A、クリップスタジオ(以下クリスタ)は、プロの漫画家も愛用するイラスト制作用のPCソフトです。

CLIP STUDIO for iPad はそのソフトのアプリ版で、iPadで使いやすいように改良を加えたものになります。

CLIP STUDIO PAINTについて詳しくは公式HPを参考になさってください。 

Q、PC用のクリスタとiPad用のクリスタじゃできることが違うの?

A、私が今ざっと触った感じでは、ほとんど違いがありません。すごい。

画面配置などが少し違うので慣れるまでは違和感がありますが、そこをクリアすればPCと同じような感覚で使えるのではないでしょうか。

Q、アプリの料金が高くない?

A、そこなんですよね(笑)

しかも一回払ったらそれきりではなく、月額制というシステム(^^;;

今の所

PROが月額¥480/月 ¥2800/年(ひと月当たり¥240)

EXが月額¥980/月 ¥7800/年(ひと月当たり¥650)

という料金形態で、年間契約すると割引になるサービスを実施しています。

これを高いととるか、安いととるか…(笑)

Q、無料期間があるとかないとか

A、無料お試し期間はあります。なんと半年も!

6ヶ月以内であればアプリがフリーで使え、期間中にで解約すれば料金は発生しないので、思う存分使ってどっぷりハマった頃にこの先どうするか選択しましょう(笑)

Q、料金の価値あると思う?

A、これは悩ましいところです(^^;;

機能面で言えばもちろん価値はあるのですが、どうしてもPC版の使い勝手と料金を考えた時に、この基本料金はちょっと高いのでは…と思ったりもします。

しかも年間契約しないと割引料金にもならないし。

そのへんを考えるために半年も無料期間があるってことなんでしょうね(^^;;

Q、アプリ重たいんじゃ?

A、アプリ自体は425.7MBとそれほどビッグサイズではありません。

あとはどれだけ作品を端末に保存していくかですね。

Q、クラウドつかえるの?

A、使えます。PC版持ってる人は絶対使ったほうが便利です。持ってなくてもストレージ節約のために有効利用しましょう。

今CLIP STUDIO for iPad EXを契約すると(無料期間含む)100Gまでクラウドの容量がアップされるので使いたい放題です(笑)

PCで進めた作業を外出先ではタブレット進められるなんて、できる人って感じでいいですよね。

その他の疑問

Q、液タブの代替品として使えるの?

A、私は普段板タブを使っていて、液タブを長く使った経験はないのですが、十分代替品として頑張れるのではないかと感じています。

もちろん上位モデルではなくあくまで入門編としてですが、この値段でこの環境が用意できるのは「いい時代になったもんだ」って感じです。

Q、バッテリー持ちは?

A、まだiPad自体が新しい状態ということもあるのか、みるみるうちに電池残量がなくなっていくほどではありません。ポケモンGOより全然持ちます(笑)

ずっとネットサーフィンしてる状態とそう変わらない減り方をしているように感じています。

Q、1番気に入ってるとこは?

A、いつでもどこでも、場所を選ばず作業ができるようになったこと!

Q、1番気になってるとこは?

A、この環境に慣れた頃、液タブの上位モデルが猛烈に欲しくなるのではないかということ

総括

一瞬財布にダメージはあったものの(笑)今はこの環境を作ってよかったとかなり満足しています\(^o^)/

また「そう言えばこれも購入前に気になってた」という点を思い出したら追記していきますね。

それではまた次回まで!

合わせてどうぞ
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加