コスパ最高!ロジクールの2.1chウーハー付きスピーカーはかなりおすすめ!【Z523/Z313】Logicool

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんこんにちは\(^o^)/

今日はサンワサプライのスピーカーのレビュー記事でちらりとお話しした、もう一つのスピーカー、ロジクールのZ523のレビューと、それに近い商品であるZ313についての話です。

どちらのメーカーも特徴があるので、是非スピーカー選びの参考になさってください。

ではスタート!

スポンサーリンク




Logicoolとは

まずは会社紹介から。

株式会社ロジクールLogicool Co Ltd.)は、コンピュータ周辺機器の開発・製造を行うLogitech International S.A.SIX: LOGN, NASDAQ: LOGI)の日本法人。同社の製品を日本においてLogicoolブランドで販売している。

引用元:wikipedia

ロジクールは、世界的にはロジテックという名前で知られており、スイスに本社を構えるマウス開発の世界最大手会社です

日本でのみ商標の都合でロジテックではなくロジクールという名称が使われています。

公式サイト:ロジクール

Logicool スピーカーシステム2.1ch 【Z523】

私が愛用中のロジクールのスピーカーがこちら!

ロジクール サブウーハー付きスピーカーシステム2.1ch

最大出力40w

9.5wサテライトスピーカー×2

19wサブウーハー

という組み合わせで構成されています。(写真はサテライトスピーカーが1つしかない上プロジェクターが写ってます^^;)

ほんとはこんな感じ


部屋のどこにおいても高音質を楽しめるというのが売り文句で、確かに角度によって音が聴こえづらくなるというような不便さは感じません。

出力も40wあるのでよっぽど広い家で使わない限り十分な音量を確保できます。

BASSコントロールのつまみが付いているのですが、これは最大にするとお隣さんへの影響が心配になるレベルです。結構響きます。楽しいんですけどね^^;

サイズ感ですが、さすがにデスク上におけるようなコンパクトなものではないので棚やテレビボードに置いてもまぁまぁ主張してきますます(笑)

わかりやすいように、ウーハーの横にリップクリーム置いてみました。

デザインはシンプルなのでどーんと鎮座していても全然かっこいいですけどね^^

使ってみた感想

素人目線の感想です。

私はこのスピーカーをAmazonで5000円強ほどで購入し、故障もなくかれこれ3年ほど、ほぼ毎日愛用しています。

サブウーハー付きのスピーカーは初めてだったので、高級モデルではないにせよその音の差に感動したのを今でも覚えています。

ウーハーつくだけでこれほど奥行きが変わるのか!と。

低音って大事なんだなぁと気づいた瞬間でした(笑)

こんな感じで底にユニットがついてます。

使い勝手もとてもよく、スマホやiPodを繋いで再生するだけというお手軽さ。

機械音痴であろうと絶対に使いこなせるシンプルさです。

当時は作業中の音楽用として購入したのですが、今は映画観賞&ゲーム用になってます。

というのも、使ってみてわかったのですがロジクールのスピーカーは特に低音に強いんです。

逆に中〜高音は満足できるものの、めっちゃクリアってわけではない。ウーハーの性能がいいってことなのかな?

どっちかというと、ボーカルの声やメロディをクリアに聴きたい!

という人よりも

バンドの演奏を迫力そのままに表現して欲しい!や、アクション映画の轟音を再現して欲しい!という人向けって感じの音です。

なので作業用に聞くような軽めの音楽を再生するよりも、ゲームや映画観賞で迫力のある音を再生する方が向いてるなと判断して用途を変えました。

大好きな地球防衛軍をプレイするときは、BASSコントロールをあげて重低音を響かせ地鳴り感を演出してます(笑)

映画もプロジェクタと繋いでホームシアター感を出して楽しんでます\(^o^)/

中〜高音を楽しみたい人

とはいえ作業中の音楽をPCのスピーカーで聴くのは嫌だったので、別に購入したスピーカーが「サンワサプライ 2.1chサブウーハー付きスピーカー」です。

このサンワサプライも低価格で満足できるスピーカーを売り出していることで有名です。

2年ほど前に3000円代で購入しました。

サテライトスピーカーとウーハーが付いており、構成はこのロジクールのスピーカーと同じですが、最大出力が34wと少し小さく本体のサイズ感もコンパクトになっています。

このスピーカーはロジクールとは逆に、とても高音が綺麗に表現されるのでメロディやボーカルの声がクリアに聴こえます。テレビ用に使うのにも向いていますね。

こちらもレビュー記事を書いたのでよければ合わせてご覧ください。

合わせてどうぞ

後継モデル【Z313】【Z533】

私の使っているモデルもまだ売ってはいるのですが、どうやら廃盤となっているのでこれ以上の生産はないようです(;o;)

代わりに後継モデルが発売されているので紹介します^^

Logicool 【Z313】 2.1chスピーカーシステム サブウーハー付き


Z523の後継機として出てくるのは【Z533】なのですが、個人的には価格にしてもスペックにしても、この【Z313】の方が近いような気がしてなりません^^;

発売開始時期や品番を考えると確かに後継機と呼ぶには相応しくないんですけどね…。

公式サイトで5000円台、Amazonで4000円台で発売中です。

最大出力は50w(RMSは25w)

1.5mの有線ケーブルでつながれたコントローラーが付いており、手元で電源のオンオフや音量調節が行え、ヘッドホンジャックもそちらにつなぐことができるので動きの自由度が上がってます

レビュー評価もすこぶる良く、もし私が買い換えるならこれだなと内心思ってる機種です(笑)

※RMS=平均値

Logicool 【Z533】 2.1chスピーカーシステム サブウーハー付き

こっちが実際の後継機【Z533】です。

なんかちょっと以前のモデルより高級感が出ました。

価格は公式サイトで13000円台後半、Amazonで8000円代後半でした。実際高級になってますね(笑)

最大出力ですが、なんと120wまで上がっています(RMSは60w)なかなかのパワフルなやつへと進化しました。

デザインも全体的にスタイリッシュに仕上がっており、リモコンまでちょっとデザイン良くできてます。

別売りのBluetoothのレシーバーを組み合わせることで、手持ちのスマホやタブレットとワイヤレス接続することも可能となっています。

そういえば前よりサテライトスピーカーに重量感が出たそうです。これは絨毯の上などあまり安定しない場所で使う人には嬉しいですね。スピーカーって縦長だから軽すぎると意外とパタパタ倒れるんですよね。

個人的にデザインはこれが一番好きなのですが、このスペックはもっと分厚い壁の家に引っ越してからかなぁ…(;o;)

気軽に始めてみて

最後まで読んでくださってありがとうございます。

本体のコンセントをさして電源を入れ、スマホやゲーム機をつなぐだけ。

そのシンプルな作業だけでここまで臨場感に変化をもたらしてくれるウーハー付きスピーカーはなかなか隅に置けないやつです。

迷ってるなら是非試してその変化を味わって欲しい!

それではまた次回まで!無国籍チャンネルでした。

合わせてどうぞ
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加