スマホにおすすめ!サンワサプライの2.1ch サブウーハー付きスピーカーレビュー【MM-SPSW8BK / 400-SP005】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんこんにちは\(^o^)/

本日は私が日頃スマホやiPod用に使用しているサンワサプライ(SANWA SUPPLY)のスピーカーレビューです。

素人目線ではありますが、ご興味のある方は是非おつきあいください^^

それではスタート!

スポンサーリンク




サンワサプライ SANWA SAUPPLYとは

まずはちょろっとサンワサプライというメーカーについて。

サンワサプライ株式会社(英語表記:SANWA SUPPLY INC.)は、コンピュータ・パソコンサプライ製品メーカー。 岡山県岡山市に本社を置く。

PCデスクから各種カバー・ケース、USBフラッシュメモリ、エアダスター、UPS(無停電電源装置)など多岐にわたる。

引用元:wikipedia

サンワサプライは岡山県に本社を置く日本のメーカーで、創業は1923年と歴史のある会社です。現在は国内拠点の東京と岡山社に加え、香港、上海にも営業拠点を持つグローバルな会社へと発展しています。

サンワサプライと検索すると、サンワダイレクトも同時に引っかかってくると思いますが、サンワダイレクトはサンワサプライが運営しているオンラインショップの名前だそうです。

公式ホームページ:サンワサプライ株式会社 

【MM-SPSW8BK】2.1ch マルチメディアスピーカー

※残念ながら現在このスピーカーは廃盤となり、販売は在庫限りのようです。記事後半に現在サンワサプライから発売中の後継機モデルを紹介しているので合わせて参考になさってください^^

早速私が使っているスピーカーをご紹介します。

MM-SPSW8BK

4インチ口径のサブウーハー付きスピーカーです\(^o^)/

お値段は確か3800円くらいだったはず。めちゃくちゃ安いです。

18wのサブウーハー

8w+8wのサテライトスピーカー

という組み合わせで構成されており、最大出力は34w。

アンプ内臓で直接スマホとケーブルで繋いで音楽を楽しめます

サイズ感は一番大きなウーハーで高さ175mm、奥行き216mmあるのでPC用で机上に置くのはちょっと邪魔かなと思うのですが、部屋のどこかに置いて音楽を楽しむようであればコンパクトで邪魔にもならないのではないでしょうか。

実際私は作業部屋にある棚に配置して使っていますが、特に邪魔だなと思ったことはありません。

使ってみて

超素人目線の感想であることをご了承ください^^;

まず使い勝手、これは抜群にいいです。

用意するものも電源を差すコンセントと音楽を再生する機械だけで(iPodやスマホ、プレイヤーなど)お手軽簡単。

電源を差す→電源を入れる→スマホを差す→再生

これだけでOKなので誰でも使いこなせます。

コンパクトで持ち運びラクラクなので、他の部屋で使いたければすぐに移動も可能です。

音の大きさですが、私が使ってる6畳間で最大出力の35wまで出力を上げることはまずありません。でかすぎます。

一回どれくらいまで音が大きくなるのか興味本位で試そうと、最大音量まで上げようとしたのですが(スピーカーもiPodも最大にしようとした)思った以上に大きくなったので近所迷惑になると思い諦めました(笑)家庭用として考えれば十分な出力です。

そして一番気になる音質ですが、この値段でこの音質であれば「良いです」と言ってOKではないでしょうか。

パソコン用のスピーカーに比べれば遥かに深みがあり、よくある安いスピーカーにありがちな不快な高音がチャカチャカ鳴るようなこともありません。

高級スピーカーのようにキラキラとした繊細な音を細部まで(伝わるかな^^;)表現できるわけではないにせよ、音は比較的クリアで、こもってぼやけた感じは全然ないです。

どちらかというと高音の方が綺麗に出る印象で、ボーカルの声もはっきりと聴こえるので、j-popやボカロ系を聴いたり、テレビ用などにももってこいだと思います。

また「音楽を聴いてるといつのまにか合わせて一緒に大きな声で歌ってる」なんて人にもぴったりです(笑)

逆にデスボイス轟々の重低音を鳴り響かせるような曲を再生したい人には向いてないかも。

ベースが効いてないわけではないのですが、ズムズム身体に響くほどの低音は期待できないです^^;

BASSコントロールの強弱を調整するつまみは付いていますが、MAXにしてもアパートで使って程よいくらいというか、全然大丈夫なレベルです。

この真ん中のつまみがBASSコントロール。

低音重視派の人は…

ちなみに低音重視の人は、同じお値打ちスピーカーでもLogi coolのスピーカーのほうが向いてると思います。

公式サイト:ロジクール

Amazon内ショップ:ロジクール

私は以前作業音楽用にロジクールの2.1chスピーカーを使っていたのですが、作業中に聞くような軽めの音楽より、重低音が欲しい映画や音が重ための曲を再生するのに向いている気がしたので

軽めがいい時→サンワサプライ

重めがいい時→ロジクール

と使い分けるようになりました。これが正解で、貧乏ホームシアターで映画を見るのに結構いい音出してくれてるので気に入ってます(笑)

合わせてどうぞ

不良品の話

安いスピーカーを検索すると、めっちゃ初期不良の話が出てくるので購入に躊躇している人も少なくないはずです。

わかります、私も悩みました。

しかも悩んだ末購入したら、案の定初期不良品でした(笑)

えーーそれでレビューとか書いてオススメしてるの?意味わかんないΣ(・□・;)

って感じですよね^^;

確かに初期不良品が届いた時は(電源コードの不良だった)期待してた気持ちが裏切られた気がして「なんでやねん!めんどくさいやないかー!」とこぼしました。

ただ初期不良品はもちろん無料で交換可能です。お金を捨てたわけではありません。

返品作業はちょっと面倒ですが、その後すぐに届いた交換後のスピーカーを使い始めてもう2年ほど経ち、その間問題なく使用していて十分満足してることを考えると、素早い対応で誠意も伝わったし、そこまで大きな問題ではなかったかなと思うようになりました。

とはいえ初期不良品が多いことを認めてるわけではないですけどね^^;

どれくらいの確率で不良が発生しているかは定かではありませんが、連絡のとれる日本のメーカーで、ちゃんと保証もついてる上、スピーカー自体は値段以上に使えるので、選択肢の一つに入れてみるのも悪くないですよ。

後継機【400-SP059】2.1chマルチメディアスピーカー

そして現在発売中なのがこのモデル。

写真がなくてすみません。

最大出力値は18→14wに変わっていますが、その分お値段も安くなっています。

また、このスピーカーには「コントローラー」がつきました。

手のひらサイズのコントローラーに、電源や音量調整、外部入力、ヘッドホンジャックなどあらゆるものが集結しています。

これによってスピーカーについていたボタンがなくなり、よりすっきりとしたデザインに仕上がっている上、手元でほぼ全てが調整でき便利になりました(ウーハーの調節のみ以前同様本体裏にあります)

値段も2000円台後半(時期によって微妙に変動がある?)

自分のと同じモデルが廃盤になったと聞いてちょっとショックだったのですが、後継があってよかった\(^o^)/

サンワサプライHP:400-SP059商品ページ

3000円台で広がる世界

少しはスピーカー選びのお役に立てたでしょうか?

たかがスピーカー、されどスピーカー。

生きるのには必要ないかもしれないけど^^; 生活にちょい足し、このちょっぴり贅沢で格段に音の世界は広がります。

今までスピーカーに興味を持ったことがない人ほど、是非試して欲しいアイテムです^^。

それではまた次回!無国籍チャンネルでした。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加