【第3回】自分のLINEスタンプができるまで(下書き編)

さて前回までで

ターゲットを絞り、どんなキャラを作るのかを考えたわけですが。

今回はいよいよそのキャラを作成する段階に入ります!

LINEスタンプと一口に言っても、デザインの仕方は様々です。手描きもあれば3D作品だってあります。

初心者の私に3Dなんて作れるはずもなく(笑)

今回はゆるいキャラクターということもあり、手描きで作成することにしました。

私のイメージする作業の流れとしては

コピー用紙に鉛筆で下書き
ミリペンで清書
携帯のスキャナアプリでパソコンにスキャン
着色(Photoshop使用)
サイズを整えてPNGで透過して保存

一個完成!

となるわけですが(ちなみにこれは最効率なわけではなく、あくまで私の作業の流れです)

初めてなものでそうサクサクうまくいくはずもなく(;´Д`A

しかもメイン画像とタブ画像合わせて計42個の画像を作ると思うと結構根気が必要です。

ただやると決めた以上やらねば!

というなにくそ根性で作業をすすめてゆきます。

作業と言っても普通の紙に鉛筆で描きなぐってゆくだけ(笑)

この荒い絵でもなんとかこんな感じに仕上がります(笑)

ゆるいペンギンのペンさんの日常を綴ったかわいいスタンプです。ペンさんはお魚が大好き!ちょっとかわったところもあるけれど元気いっぱいです。たまに関西弁を喋ります。

LINEスタンプの出来上がりサイズは

370×320pixel
1MB以内
というルールがあるので、そこを意識して描いていくと小さすぎないスタンプになると思います。

(上の写真の下書きは縦長で描いてしまい、後から後悔しました…)

こんな感じで少し横長気味に描くことをお勧めします。

※横長を意識して作った「気ままなペンさん2」気ままなペンさん1よりも全体的に大きく視認性が高く仕上がりました。

His name is "Pen-san" It's funnire than last sticker. This sticker is 2nd ver about his life.

コツコツと40種類、色んなスタンプを考えるのはなかなか骨の折れる作業でした。

使える言葉考えるのむずい^^;

過去の自分のLINE履歴見たり、どんなスタンプが売れてるのかランキング見たりしながら作業します。

全て描き終えたら次はスキャンで画像を取り込むのですが、手書き感をもっと出したい人はもちろんアナログで着色してもなんら問題ありませんよ\(^o^)/

では、次回はスキャンってめんどくさい!編です!

スポンサーリンク







シェアする

スポンサーリンク