【第3回ゲームレビュー】PS版かまいたちの夜 特別編 チュンソフトのゲームはCMだけでトイレに行けなくなる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは\(^o^)/

第3回、古くたって気にしないゲームレビューのコーナーです。

今日のソフトは「かまいたちの夜・特別編

スーファミで1994年に出たかまいたちの夜のPS移植版です。

サウンドノベルってジャンルが一時期私の中で急激にブームになりまして(笑)

その時ハマったソフトの中の一つがこれでした。

それでは早速スタート!

スポンサーリンク




かまいたちの夜 特別編

機種SFC・PS・GBアドバンス・アプリ・PS Vita
プレイ人数1
ジャンル
サウンドノベル
制作会社CHUNSOFT(チュンソフト)
発売年1994年(SFC版)/1998年(PS版)
ストーリー

スキー旅行に出かけた主人公・透とガールフレンド・真理が、滞在先のペンション「シュプール」で起こる殺人事件に巻き込まれる内容。山荘で外部と隔離され電話が通じなくなり、自衛のために自分たちで事件の解決を余儀なくされるクローズド・サークルとなっている。前半はミステリーとして展開し、選択肢の間違いなどでプレイヤーが事件を解決できなかった場合は次々と殺人が進行していき、ホラー・サスペンスタッチのエンディングへと進む。

出典元:Wikipedia

サウンドノベルとは

サウンドノベルってジャンルは、どこまで知れ渡ってるんだろうと疑問なので少し解説を加えときます。

このジャンルはざっくりいってしまえば、ストーリーを本みたいに読み進めていくゲームです。

画面には実際に本のように文字が表示されるので、プレイヤーはそれを読み進めていきます。

本と違うのは、そこに音声と画像が付いているという点。

まさしく サウンド=音・ノベル=小説 なんです。

ゲームとしての要素は、ストーリーを読み進めていく過程で選択肢が現れる部分。

エンディングがいくつも用意されていて、プレイヤーの選択によって、その後の展開が変わっていきます

クロックタワープレイしたことある人は、イメージしやすいかな。

全てのエンディングを見ようと思うと結構な時間が必要なので、どちらかというとやり込み型ゲームですね。

豆知識:サウンドノベルという言葉は実はチュンソフト(現スパイク・チュンソフト)の登録商標みたいです。

このゲームの面白さ

登場人物は影で表示されるのも想像力を掻き立ててきて不気味。

このゲームの面白さの一つは、不気味で怖いこと!

名探偵コナン好きな人より、金田一少年の事件簿好きな人の方がはまるんじゃないかと思います(どんな表現やねん…汗)

さっき例に出したクロックタワーもそうですが、静かな中突然鳴り響く音ってドキッとしますよね。

基本的にかまいたちの夜は限られたシチュエーション以外は音がほぼ鳴らない無いので、突然トアが閉まる音がしたりすると「ギャッ!」となります(笑)

別にひたすら恐ろしいシーンが続くわけではないのですが、物語後半にかけてどんどんシリアスな展開が増えていくのでプレイ側も緊張しっぱなしになっちゃうんですよね^^;

そこまでビビってやってて何が面白いの?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

それはこのゲームの面白さの二つ目、犯人探しにあります。

連続殺人が孤立したペンションで起こるわけですが、その中にはなからず犯人がいるんです。

ビビってても、やっぱり真実を明らかにしたい!謎が解きたい!

その気持ちが読み進める原動力になります。

また、犯人がわかった時の湧き上がるドヤ感も意外とクセになるんです(笑)

選択肢が増えてゆく

じゃあ一度犯人を見つけるエンディングにたどり着けば、それで終わりなのかと言われるとそれも違います。

一度クリアしないと現れない選択肢やストーリーもあるため、一回プレイしただけじゃ全然遊び尽くせません。

しかも犯人はそのストーリーごとに変わるのです。一回こっきりじゃ勿体無い!

全てのエンディングを見てからでないと出現しない「ちょっとエッチなかまいたちの夜編」なんてのもあり、総エンディング数はなんと46種類!!

気の遠くなる作業ですが、やりこみがいかなりありますね。

救済措置はあるよ

何度もなんども一つのエンディングを出すために、一からやり直していたら身がもたないですよね(笑)

大丈夫です。

一度通過した選択肢はフローチャートで後々そこから再スタートできるシステムになっているので、やり直しは簡単にできるようになってます。これで大幅に効率アップ!

CMにビビる

ちなみにこのかまいたちの夜特別編に入っている、弟切草のCMが私の中ではかまいたちの夜以上に怖いです((((;゚Д゚)))))))

弟切草もチュンソフトが出しているサウンドノベルゲームで、かまいたちの夜よりも以前に制作されています。

こちらもSFCで発売されたのち、PS版やアプリ版も出ている人気作品です。

ただ当時の私はCMにビビりすぎて1人でプレイできる自信がなかったため手を出していません。

Wii UでSFC版のバーチャルコンソールがプレイできるみたいですが…やってみようかな…。

こんな人におすすめ

  • ホラー好き
  • RPG好き
  • 気が長い
  • やりこみ系が好き
  • 怖いものなんてない人
  • 推理小説が好き

逆に向いていない人は

  • RPGで村人全員に話しかける前にストーリー進める人
  • 極度の怖がり
  • 気が短い
  • 派手な無双系のゲーム好き

総括

ゆっくり自分のペースで進められるのはサウンドノベルというジャンルのいいところです。

寝る前少しだけ本を読み進めるような感覚で、ちょっとずつコンプを目指せるのでゲームする時間があまりない人にもいいかもしれませんね。

ただ寝る前にプレイすると夢に出そうですが^^;

かまいたちの夜のリメイク版であればアプリで、かまいたちの夜SFC版であればバーチャルコンソールでプレイできるので、興味のある方は是非ダウンロードみてください^^

それではまた次回まで!

無国籍チャンネルでした\(^o^)/

あわせて読みたい
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加