野球選手御用達 PhitenのRAKUWAに、万年首こりの私が今更ながら感動した話。チタンの効果や仕組みは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんは身体柔らかい方ですか?

私はめちゃくちゃ硬いです。

どれぐらい硬いかというと、真後ろ見ようと体捻っても真横しか見えないくらい硬いです。

首も真上向こうとすると痛みが走って向けません。足首も超硬いのでしゃがむとすぐ転びます(´o`;

お前の運動不足のせいだろ!と思われるかもしれませんが、これでも毎日朝と風呂上りにはストレッチして、ヨガに通ったりしてるんです。

でも一定以上柔らかくなる気が一切しない。なったことがない。辛い!(;o;)

とまぁ私の身体硬い自慢はこれくらいにしておいて。

今日はそんな私がファイテンで思わず「すっげ!」と連呼したってお話です。

購入を検討されている方のお悩み解決につながれば幸いです。

長いので好きなとこから読んでください(笑)それではスタート\(^o^)/

スポンサーリンク




私は身体がめっちゃ硬い体質だと思う

冒頭でも散々言いましたが、私は身体が信じられないくらい硬いです。

幼少期からなので、体質なんだと思ってある程度は割り切ってたのですが、ここの所年齢的な体の硬さが加わりはじめ、様々な場面で生活に支障をきたすようになりました。

その中の代表がぎっくり背中!

これになると起き上がることも寝返り打つこともできなり、生活に大大大大大大ダメージです_| ̄|○

自仕事にも行けず周りにも迷惑かけてしまうのは辛い。

なので私はぎっくり背中やって以来、日頃のケアはもちろん、筋肉をほぐすような類の試せるものは藁をもすがる思いで試すようになりました。

昔、一世風靡したRAKUWAを今こそ!

ある日野球を見ていると、ふと選手が首につけてるネックレスが目に止まりました。

それが今日の主役「RAKUWA」

「昔めっちゃ流行ったなー」なんてその時は思ったのですが、後からよくよく考えると、そのめっちゃ流行ったのってもう10年以上前なんですよね。

一時は一世風靡したファイテンのRAKUWA

それが今も廃れておらず、プロスポーツ選手がこぞって身につけてる…。

これって、実はめっちゃ効果あるってことじゃねΣ(・□・;)!?

そんな考えが頭をよぎり、すぐさまネットで色々調べました。

すると、ラクワには色々な効果効能があり、その中でも「肩こりに即効性があるよ」的な内容の記事を発見!(というか肩こりに効くって話ばっかり)

これは試さねばということで、急いで近所のファイテンショップに駆け込みました。

ここで先に、PhitenとRAKUWAとは?

ここで一旦先に、そもそも「PhitenとRAKUWAってなんやねん」という謎を解明しておきます。

Phiten株式会社

1983年に平田好宏氏が創業した会社で、本社は京都にあります。

従業員は680人。大企業です。

商品は主に健康やスポーツなどをサポートする商品を販売しています。

HP:ファイテンオフィシャルストア

創立者の平田氏は

家業の織物業を継ぐ予定が閉じる→和食料理人修行→膠原病との闘病→喫茶店経営→治療院開院→ファイテン創立

と、なかなか波乱万丈な人生を送ってらっしゃる方で、勉強熱心で行動力がすごい。

平田氏の半生をまとめた記事が検索すると出てくるので、興味のある方は探してみてください。

RAKUWAとは

ファイテン(phiten) ネックレス RAKUWA ネックX50 ブラック 55cm

RAKUWAはファイテンの出してる商品の中の一つです。

ループ状になっていて、首や手首み装着して使う健康器具です。

種類は様々ありますが、ここでは代表的なRAKUWA NEK X50の話をしていきます。

RAKUWAの技術と使われてるもの

※あんまり細かく掘っていくとめっちゃ長くなるので^^;ざっくり説明します。

ファイテンには、独自技術「水溶化メタル技術」で金属を水に溶かした「アクアメタル」というものがあります。

このアクアメタルは「アクアチタン」や「アクアゴールド」など種類様々なのですが、その中でRAKUWAに使われているのは「アクアチタン」です。

どのようにその水に溶かした金属をネックレス状にしたかというと

RAKUWAの表面に使われている生地を、このアクアチタンで染色して浸透させてるんです。

また、芯材はアクアチタンを作る途中にできる「アクアパウダー」を樹脂に練りこんで作られています。

金属が水溶化や粉化することで変幻自在になり、身につけやすくなったって感じです。すごい!

ご実家が織物業を営んでいたからこそのアイデアですね^^

なぜ効くのか、何に効くのか

じゃぁそのRAKUWAをつけることで何がどうなるのか?

ここが気になるところです。

人間の体の中には少しだけ電気が流れているというのは有名な話ですが、その流れは日常生活の様々な理由で乱れていて(ストレスやら家電の電磁波の影響やら)いろんな不調のきっかけになっています。

その乱れた流れを、金属の持つ力を借りて整えるというのがRAKUWAの考え。

チタンを身につけることで電気の流れが良くなると、自律神経が整い緊張していた体が緩み、リラックス効果(ストレス緩和)や腰痛などの改善、身体本来の力を引き出す効果が期待できるんだそうです。

科学的根拠とプラシーボ

ちなみにこのアクアメタルが実際に人の体に効果をもたらしているかどうか今の所科学的根拠はないみたいです。

えーΣ(・□・;)って感じですよね(笑)

しかし実験データはいくつかあり、マウスを使った実験も人を使った実験も、どっちもこりゃ効果があるね!という結果にはなってます。

結果のグラフ見ましたが、かなりわかりやすく数字に表れてました。

また、ネット検索するとプラシーボ効果(思い込みだろ効果)説がめっちゃ出てきますが、超個人的な見解でいうと「思い込みでも効果が出たなら、それは効果の範囲だ」と思うので、そこは正直気にしてないです。

だって科学的根拠がなくても、思い込みでも、それがきっかけで身体が柔らかくなったらめちゃくちゃ嬉しいことです\(^o^)/

マグネループとの違い

ピップ マグネループ EX 高磁力タイプ ブラック 50cm(PIP MAGNELOOP-EX,black 50cm)

RAKUWAと似た商品にピップマグネループなどがありますが、こっちは磁気の力を利用して血中のヘモグロビンに働きかけ、血流を促進するというアプローチなので、見た目以外は全然違う商品です。

リラックスとかいらない!とにかく血行を良くしたいの!という方にはこっちの方があってるのではないでしょうか。

ただ、お肌が弱くてどっちを使うか悩んでるという人は、個人的にはRAKUWAをお勧めします。というのも、磁力系のものは肌荒れを引き起こすことがあり、私自身が一度かぶれた経験があるからです^^;

体質によるし、チタンが荒れないと言い切れるわけではないのですが、肌が弱いけど磁力系試したい!と考えてる方はそのことをちらっと頭に入れておいた方がいいかもしれません。

ちなみにRAKUWA磁気タイプってのもあるみたいですΣ(・□・;)贅沢な感じしますね(笑)

Phitenショップのお兄さんマジック

さて、本編?に戻ってきました。

都会でもない私の住む街に、なぜかポツンとあるファイテンショップ。

近所なのにいままで1度も入ったことがなく、高額商品を売りつけられたらなんてドキドキしながら入店しました(そんなことはないです。笑)

例のペットボトル実験を体験

私が数あるRAKUWAを前に悩んでいると、店員のお兄さんが声をかけてくれ、「一度効果あるかを実験してみますか?」と提案してくれました。

その実験とは、首にRAKUWAをかけた状態とかけない状態で、同じ重さのペットボトルを持ってどう感じるかというもの。

実はネットで色々調べてる時にこんな提案があるって記事を読んでいたのですが、それは手首にリストバンド型のRAKUWAをはめるというもので、首にかけるという内容ではありませんでした。

しかも手首に何か巻きつけて物を持つと、それがRAKUWAでなくても物が軽く感じる効果があるので、信ぴょう性に欠けるという話だったのですが^^;

まさか首にかけるだけで軽くなんて…感じないよね…?

…って、軽いやないかーい!!Σ(・□・;)

なんでなんで?すげー!と言いながら何度もつけて外して試すも、答えは同じ。軽い!

そしてドヤ!と言わんばかりのお兄さんの顔。

不思議だ。たとえRAKUWAの力じゃなくても不思議だ(疑り深い)

パワーテープの実験

テンションを高くした私に畳み掛けるようにお兄さんは語りかけます。

「肩こりはないですか?」「首は辛くないですか」「一度テープも貼ってみませんか」

ファイテンの有名な商品の中に「パワーテープ」なるものが存在します。

ファイテン(phiten) パワーテープ 70マーク

↑これです。

このテープは丸い虫刺されパッチのようなテープにチタンがコーティングされているというもので、お兄さん曰く、RAKUWAと効果は同じだけどこっちの方が即効性が期待できるとのこと。

完全にお兄さんのペースではありましたが、試してみたい気持ちが勝り二つ返事。

先に自分の首や肩の可動域を確認してからテープを貼り、再び可動域を確認します。

…お兄さんはマジシャンですか?((((;゚Д゚)))))))

私は万年首痛に悩んでます。普通にしてたら痛みませんが、上むいたり横向いたりすると変な音とともに筋に痛みが走ります。

が、その痛みが5割くらい減ったんです!(変な音はまだするけど)しかも可動域が増えた!

奇跡か!(笑)

一緒に行った友人もおもわず「おー!」と唸る変化。すげー!テープすげー!

効果が半永久なのも嬉しい

しかし効果を実感できても、ひと月やそこらで効果が半減するようなものだと困るということで、どれだけ持続性があるものなのかと尋ねたところ

なんと効果は半永久だそうです(生地や留め具の経年劣化はあるので強いていうならそれが寿命)

「じゃあパワーテープの粘着性がなくなっても、バンドエイドか何かで貼り付ければずっと効果が出るんですか」という貧乏根性丸出しの恥ずかしい質問も「YES」とのこと。

それはコスパがすばらしい\(^o^)/

とりあえずRAKUWA X50をお買い上げ

そんなこんなで、思わずパワーテープも欲しくなってしまった私ですが(70枚で700円っていう値段も魅力で。笑)

とりあえず一つずつ試してみようと思いとどまり、当初の目的通りRAKUWAの一番シンプルなX50の黒を買うことに。サイズは45cmです。

お値段3000円!(と消費税)ずっと使えて効果が出れば文句なしの価格!

Amazon内のファイテンストアの方が結構安いと後で知ったが気にしない!( ;∀;)(小声)

ちなみにオーソドックスなX50のほか、更にパワーの強いX100や、汗に強いシリコンタイプ、女性向けに細身のデザインで作られたものや、阪神タイガースモデルなど(笑)かなりいろんなバリエーションがあったので結構悩んでしまいました。

お兄さん、付き合ってくれてありがとう!

実際のとこ、その後の調子どうよ?

今この記事を書いている今日で、ちょうどつけ始めて1ヶ月くらいたちました。

お出かけでファッション的に影響が出る時とお風呂中以外は(お風呂でつけててもいいそうですが)ずっとつけっぱなしです。

で、肝心の効果は…?というと

「可あり!不可なく!」つけてると肩というより首がかなり楽です。

酷いストレートネックの私ですが、可動域が増えたおかげでストレッチの幅が広がる→可動域が更に増えるという好循環!\(^o^)/

何やってもガッチガチで、クッション性がなかった首がちょっと動く日がくるなんて奇跡!

そりゃスポーツ選手つけるわって感じです。

このまま継続して、急に振り向いても「グキッ」とならない首を目指します。

肩に関してはまだ大きな変化は感じられないですが、首がもっと動くようになれば肩も緩むのでは?という期待をかけてます。

変化が現れたら追記しますね^^

マイナスがほぼ無いから試してもいいと思う!

ここまで、長〜い記事におつきあいいただきありがとうございますm(_ _)m

体がめっちゃ硬いって、辛さしかないですよね^^;

柔軟性がないと怪我しやすくなるし、色んなやる気も起きなくなるし(体験談)

色んな肩こり改善やストレス発散方法はありますが、その方法によってはマイナスが伴うことだってあります

例えば、副作用があったり、超高額だったり、器具が大きくて部屋の場所取られたり、遠くまで行かなければならなかったり、継続が難しい方法だったり…etc

RAKUWAはコストも保管場所も大してかからず、継続するもなにも、とりあえず首に引っ掛けとくだけなので(笑)

仕事があろうが、痛みがあろうが、三日坊主な性格だろうが、続けることが簡単でマイナスが少ないのが最大の魅力だと思ってます。

RAKUWAはそんなお気軽お手軽スタンスでチャレンジできるので、使うかどうか悩んでる方は「効果があったらラッキー」くらいのノリで試してみてはどうでしょうか\(^o^)/

実験、家でもできますよ!(そこ?笑)

それではまた次回まで!

さようならー\(^o^)/

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加