第11回漫画レビュー【花男】聞けっ!五万の大歓声!巨人入団を夢見る父とクールな息子の夏休み。なりたい気持ちにさせてくれる漫画レビュー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第11回漫画レビューは「花男」

松本大洋の作品の中では目立たない方かもしれませんが、私はこの作品が1番好きです。

家を出ていった父と息子の成長記録って感じの内容なのですが、自分の感覚に正直に生きることの大事さが作品を通してビシバシ伝わって来る、まっすぐな気持ちにさせてくれる漫画です。

では早速スタート\(^o^)/

スポンサーリンク




花男(はなおとこ)

作者:松本大洋 ジャンル:ヒューマン/スポーツ 掲載誌:ビッグコミックスピリッツ 全3巻

こんな時読もう心が荒んでる時
ストーリー☆☆☆☆
キャラクター☆☆☆☆
台詞が名言度☆☆☆☆☆
スポーツ度☆☆
わかりやすさ☆☆☆

ざっくりあらすじ

秀才で効率的、感情に流されないけど人として何か欠けている大人のような小学生「茂雄」

昔家を出て行ったきり、野球バカで巨人軍入団を夢見る子供のようなな父親「花男」

そんな2人が母親の一言がきっかけで夏休みの間共に暮らす事となります。

初めは喧嘩ばかりの2人ですが、花男なりの父親的教育で次第に茂雄に変化が現れ、このまま日々が過ぎていくのかと思われたのですが…。

松本大洋代表作といえば「ピンポン」ですよね!アニメ化も映画化もされた人気作品です。

映画化といえば「鉄コン筋クリート」もアニメ映画に、「青い春」も実写映画になっていて、キャストも豪華でした。

そんな作品たちと比べると、多少認知度が低いのがこの「花男」

時系列的に言うと花男→鉄コン→ピンポンという順番で、この3作の中では最も古い連載作品となっています。(青い春は1993年に出た短編集)

抽象的な表現の多い松本大洋ですが、比較的この花男は読みやすい(?)というか、テンポよく読み進められるような作品になっているので、初めて松本大洋の作品を読むと言う人にはオススメです。

少しずつ開けていく知らない世界

花男1番の見所!それはやはり茂雄と花男の掛け合いです。

一緒に暮らし始めてから毎日、勉強の虫な茂雄をあの手この手で連れ出そうとする花男。

バイクを買って二人乗りしてみたり、学校をサボって野球観戦しようと誘ってみたり。

それは花男なりの教育がそこにあるからなのですが(自分が楽しんでるのもある)

そんな花男のマイペースさに振り回されることが気に食わない茂雄はいつも噛みつき喧嘩に発展します。

時には喧嘩だけでは収まらず、家でに発展することも。

普通ならかなり中の悪い親子関係ですが(笑)

この漫画に関して、その様子は見てて微笑ましいです。

また、そんな花男の影響あって茂雄の人間性はみるみる変化していきます。

その柔軟性はまさしく子供で、あまり出てこない茂雄のかわいい一面だなと思って読んでました。

勉強も大事だけど、今しかできない大事なことがある。

今まで疑いもしなかったような気持ちが少しづつ生まれ、新しい世界が広がっていく

こういう経験って大人になるにつれて少なくなっていきますよね。

もし今「何かに挑戦したい、でも変化を恐れて飛び込めない!」と悩んでる人にはこの漫画が背中を押す良い刺激になるかもしれないです^^

花男の生き様にも注目

茂雄のことばかり語ってきましたが、この漫画の主人公はやっぱりタイトル通り「花男」です。

普段は能天気で野球のことばかり考えているような花男ですが、息子と暮らし、向き合う中、自分が家をでたことに対しての責任を果たす時が近づきます。

30歳、夢は巨人軍入団及びホームラン王!

そんな1人の男の生き様、決断にも是非注目してください。

名言が多いのも魅力

作中の何気ない一コマから、大きな見出しで叫んでるセリフまで様々ですが、全体的に松本大洋の作品には名言が多いです。

というか、セリフがフレーズでできてるってイメージですね。

わかりづらいですが^^;

どこを切り取っても、まとまりのある一言に聞こえるようなセリフが多く、その一つ一つがそれ以上に多くの意味を含んだ言い回しなんです。

あんまり書くと色々とネタバレになっちゃいそうなので、一例で…

「冷たいか茂雄、それが海だ!」

真っ直ぐな気持ちになれる理由

冒頭でも言った通りですが、この漫画を読むと「自分の感覚に正直に生きることの大事さ」をとても感じます。

冷たいか茂雄、それが海だ

との言葉にも表されるように、頭で考えるだけではわからない、触れて、感じて、やっとわかることが世の中にはたくさんあるのだということを花男は教えてくれます。

また綺麗事のような言葉も、花男という裏表のないキャラクターが話せば嫌味がなくすっと頭に入って来るから不思議で、読み進めているうちにこっちまでも真っ直ぐな気持ちにさせてくれます

何かに疲れたら是非読んでみてください。

自分で自分を閉じ込めたり強制したりするのではなく、もっと自由な発想でいて良いんだと思えるはずです^^

総括

野球というスポーツを扱ってはいますが、実際の内容は1人の男を取り巻く人間模様を描いた、ヒューマンドラマです。

少しアーティスティックな部分が強いので、松本大洋の漫画は好き嫌いが分かれやすいかもしれませんが、もし食わず嫌いしているならそれは勿体無い!

是非この親子を通して、自分の中の感覚を呼び起こしてください\(^o^)/

それではまた次回!

無国籍チャンネルでした。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加