【BUMP OF CHICKEN】rayの歌詞を頑張って考えてみる。生きるのは最高だ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんこんにちは^^

今日は不定期更新、BUMP OF CHICKENの歌詞について考える会です。

今回取り上げるのは大ヒット曲のray!!

それではスタート!

スポンサーリンク




曲情報

「ray」は2014年に発売されたシングルで、BUMPが初めて紅白歌合戦に出演した際演奏した曲であり、初音ミクとコラボした曲でもあり、アルバムのタイトルにも使われている曲ということもあって、めちゃくちゃ有名です。(アルバムタイトルは大文字でRAY)

rayは日本語に訳すと光線って意味です。歌詞にも光が沢山登場します。

そしてMVにも光がめっちゃ出てきます。

これがかなり綺麗というか、新鮮な映像なので見たことない人は是非チェックしてください。

ちなみに初音ミクとコラボバージョンは、真ん中に初音ミクの映像がずっと流れてます。

そちらもYou Tubeで視聴できますよ。

全体を通してポップで明るい印象の曲ですが、最後の藤くんのギターソロの部分が、やたら切なくなるメロディで好きです。

ray の歌詞を考える

では早速歌詞を見ていきましょう。

ray  作詞曲:Motoo Fujiwara

お別れしたのはもっと 前の事だったような

悲しい光は封じ込めて 踵すり減らしたんだ

君といた時は見えた 今は見えなくなった

透明な彗星をぼんやりと でもそれだけ探している

いきなりお別れした時を思い出すシーンからのスタートです。

「前のことだったような」という言葉から、ある程度時間が経過している様子が伺えます。

悲しい光がこの時点で何を指すのかはわかりませんが、それを封じ込め、踵がすり減るほど歩いたってことですね。

透明な彗星はこの部分と、後半の歌詞に1度現れるだけの不思議な存在です。

お別れした相手と一緒にいた時は見えた”透明”な彗星。それを今も探しているみたいです。

しょっちゅう唄を歌ったよ その時だけのメロディーを

寂しくなんかなかったよ ちゃんと寂しくなれたから

寂しさは居ない相手を思う気持ちがあってこそ生まれる感情です。

しかし寂しくて相手を想い考える時間が生まれる事で、自分の心の中に居た相手の存在を見つけ、寂しさが寂しさで無くなるのかもしれません。

その想い考える時間が、この曲の主人公の場合は気持ちをメロディのせて唄うことだったのかなと思います。

いつまでどこまでなんて 正常か異常かなんて

考える暇もない程 歩くのは大変だ

楽しい方がずっといいよ ごまかして笑ってくよ

大丈夫だ あの痛みは 忘れたって消えやしない

最初のサビに突入です。

自分がこの先どうなるのか、今が正しいのか間違ってるのか、そんな事は必死に毎日を生きてたら見向きもしてられないってことでしょうか。

「あの痛み」はお別れした事なのか、それ以外に何か別の出来事があったのかはわかりません。

ただ、それを引きずって前に進むよりは少し頑張ってでも笑って楽しく生きる道を選びたいという意思が明確になってますね。

転んで怪我をしても、傷口はふさがり痛みは時間とともに忘れますが、深ければ深い傷ほど跡はずっと残ります。

気持ちも同じで、痛みは忘れてもその痛みを作った出来事はずっと心の中から消えないから、無かったことにはならない。

そう言いたいのかなと感じました。

理想で作った道を 現実が塗り替えてくよ

思い出はその軌跡の上で 輝きになって残っている

お別れしたのは何で 何のためだったんだろうな

悲しい光が僕の影を 前に長く伸ばしている

理想と現実が違うというのは誰にだってある事です。

ただその現実を歩いて生まれた思い出が、輝きになって残っていると捉えられる人はどれくらいいるのかなと、この歌詞を読んだ時にふと思いました。

理想と違う道を歩いてしまったと、思い出を輝きではなく汚点にしてしまう人も多そうですしね。

rayの前向きな歌詞が染みわたります(笑)

そしてここで再びお別れした話が出てきました。

何のためのお別れだったんだろうと考える主人公に、封じ込めたはずの悲しい光が後ろから射し、前に長く影を落としています。

お別れに対してまだ何か整理がついていないことがあるのかもしれません。

時々熱が出るよ 時間がある時眠るよ

夢だと解るその中で 君と会ってからまた行こう

スーパーノーヴァの歌詞では「熱が出たりすると気付くんだ、僕には体があるってこと」と言ってました。

この熱も同様に捉えるなら、現実世界に自分自身の体も意識も存在するってことを主人公が認識してるってことです。

そしてその主人公がこれは夢だ!と理解した中で君と会うというのは

再びお別れした時の君と夢の中で出会い、そのお別れは何のためだったのかをもう1度考えるためなのかもしれません。

晴天とはほど遠い 終わらない暗闇にも

星を思い浮かべたなら すぐ銀河の中だ

あまり泣かなくなっても 靴を新しくしても

大丈夫だ あの痛みは 忘れたって消えやしない

どんな状況であっても、結局は自分の気持ち次第でどうとでも捉えられるということですよね。

私がrayの中でも特に好きな一節です。

1番のサビにあったように、ごまかして笑っているうちに、だんだん痛みを忘れて、環境が変わっていったとしても、全てはなかったことにならない、消えてしまうわけではないともう一度強く思うシーンです。

伝えたかったことが きっとあったんだろうな

恐らくありきたりなんだろうけど こんなにも

これは恐らく君に対してですよね。

「あったんだろうな」という事は、

夢の中で君と会って、お別れしたのは何でかもう一度考えた今、もうそれほど伝えたいと思わなくなったってことでしょうか。

お別れした事は 出会った事と繋がっている

あの透明な彗星は 透明だから無くならない

出会いがあったから別れがある、当たり前のことですが大切なことです。

君といた時には見えていた、ずっと探している透明な彗星は、きっと2人でいたからこそ現れたし、見えていたものなんだと思います。

しかしその彗星はお別れしたからと言って無くなるわけでもない、探さなくても透明のままずっと自分の中にある存在だったんだと主人公は気付いたのかなと感じました。。

だからこそ、気持ちに整理がついて伝えたかったことがなくなったのかもしれないですね。

◯×△どれかなんて 皆と比べてどうかなんて

確かめる間も無い程 生きるのは最高だ

あまり泣かなくなっても ごまかして笑っていくよ

大丈夫だ あの痛みは 忘れたって消えやしない

大丈夫だ この光の始まりには 君がいる

「生きるのは最高だ」なんてストレートな言葉、藤くんの歌詞にはすごく珍しい表現ですよね。

それくらい、他に違う言葉を当てはめるのが難しかったのか、強く伝えたかったのか。

昔から藤くんの言い続けてる、とにかく生きようぜというメッセージの集大成みたいなサビだなと感じました。

また、最後の一節には

自分と自分の未来につながる大切な思い出が後ろから照らしてくれるからこそ前を向ける、という気持ちが込められているのではと思いました。

だからこそたびたび登場する光も「悲しい光」というちょっとネガティブな表現から「この光」へと変化し、主人公のお別れしたことへ対しての意識が前向きなものへと変わったところで、曲は終了します。

まとめる

過去があっての今、今があっての未来という当たり前の事実を、どれだけ大切にできるかということ。

その大切な事実を積み重ねながら、どのように生きるのが正解なのかということ。

でもそれはそんなに難しく考える必要はなく、懸命に生きてれば大丈夫だということ。

そういったことをこの曲の歌詞を読みながら考えました。

rayの主人公も、君と別れた事に対して色々と考えたんでしょうが、出会ったことを否定というか、後悔はしてないです。

というよりは自分なりに出会って別れた意味を考えて、その延長線上に今の自分があって、さらにその延長線上に自分の未来があると気付いたからこそ、前向きに進もうとしているわけですもんね。

ここで過去を否定してしまう事は、今や未来の自分まで否定する事になりかねないですから^^;

人間なかなか全ての別れを素直に受け入れる事は難しいですが、別れを否定しすぎて結果的に自分のことを否定してしまわないよう、定期的にrayを聴くことを習慣にするのがいいかもしれません(笑)

しかしいつものことながら歌詞考えるのって、答えがないから難しい!

書き直す可能性が否定できない。。

その時はすみません^^;

それではまた次回まで!

あわせて読みたい
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加